指名検索の増やし方

指名検索

SEOやWEB広告を行っていると、Googleのアリゴリズム変動や広告予算の上限によってどうしてもサイトの流入数に大きな影響が出てしまいます。

そんな悩みを解決できるのが、「指名検索」を増やすという考え方です。

この記事では指名検索について何?という方から、どうやったら指名検索を増やせるんだろうと悩んでいる方のため、僕が仕事で実践してきた方法について紹介できればなーと思っています。

指名検索とは?

指名検索とは、会社名や商品名をキーワードとして検索することです。ビール会社だと「〇リン」や「〇ッポロビール」というワードで検索されるキーワードです。

指名検索は会社や商品の認知の大きさによって検索ボリュームが違い、知名度が高くなる
と検索ボリュームも比例して高くなります。

指名検索の増やし方

指名検索を実際に増やしていくには、どんな方法があるかを今でも模索していますが、今までやってきて効果があったことをまとめていきます。

マス広告(テレビCMや新聞広告)によるブランディング

マス広告で認知を上げる手法が未だにインパクトが大きいのは間違いないです。

僕の会社もTVCMを行っている期間は、自然検索経由の流入が増えました。

マス広告でも社名や商品名の認知が低い場合は、広告に社名や商品名を入れておくことで、検索するユーザーを増やせます。

WEB広告

ブランディング目的の広告で会社や商品の指名検索を増やす方法。

YDNのブランドパネルを利用すれば、Yahooの検索ユーザーに対して画像や動画でブランド訴求することができます。

リスティング広告やディスプレイ広告を継続的に出稿することで、認知度は上げることができます。(効果測定が難しいのが欠点)

UGCを増やす戦略

UGC(User Generated Contents)とは、ユーザーが投稿した口コミや写真などのコンテンツです。

UGCを増やすことで、ユーザーの中で口コミが徐々に増えていき、会社や商品の知名度が上がっていきます。

UGCを増やすやり方としては、ULSASというモデルがとても分かりやすいので、おすす
め。

指名検索数の調べ方

指名検索数の調べ方としては、サーチコンソールというGoogleが無料で提供しているツールを利用すると調べることができます。

Google Search Consoleでの調べ方

検索結果
新規
検索キーワード
検索キーワードを選択して、「キーワード」に調べたい会社名、ブランド名、商品名を入力します。
その際に、「次と一致するクエリ」を選択。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です