LSIキーワード(共起語)とは何か?効果的な使い方教えます

ブログ記事の検索順位を上げる時に、記事の中にLSIキーワード(共起語)を入れた方が効果的だよと聞いたことはないでしょうか?

しかし、LSIキーワード(共起語)というのは実際どのようなキーワードなのでしょうか?

今回はLSIキーワードの説明と、実際にどのように活用していけばいいかをご紹介します。上手く利用して、検索ランキングで上位にくる記事を作成していきましょう。

LSIキーワード(共起語)とは何か?

LSIキーワードとは日本語では共起語と呼ばれるもので、ある特定のキーワードに関連するキーワードの事です。

例えば、「ピコ太郎」というキーワードを検索する時に、「PPAP」や「古坂大魔王」というキーワードはLSIキーワードとなります。

Google Suggest(サジェスト)

Google Suggest Keyword

Google Suggest(サジェスト)とは、Googleであるキーワードを検索すると、検索結果の一番下に上記のような検索キーワードに関連したキーワードが表示される機能です。

Google Suggest(サジェスト)では、検索者が実際に検索している関連のキーワードが表示されるため、これらのキーワードを記事内に追加することで、検索順位を上位にできる可能性があります。

今回は「コンテンツマーケティング」という検索ワードを入力して、オススメされた関連キーワードが上記の言葉となります。

・コンテンツマーケティング 事例

・コンテンツマーケティング セミナー

・コンテンツマーケティング 会社

LSIGraph: LSI Keyword Generator

LSIGraph: LSI Keyword Generator

LSIGraph: LSI Keyword GeneratorはLSIキーワードを無料で取得することが出来るツールです。日本語も対応済みなので、問題なく使用できます。

今回は「コンテンツマーケティング」というキーワードに対して、LSIキーワードを探したいと思います。

LSIGraph: LSI Keyword Generator 結果

上記のように、「コンテンツマーケティング」のLSIキーワードが表示されます。

「コンテンツマーケテイング」という検索順位を上げたいキーワードをターゲットとした記事の中に、これらのLSIキーワードを入れていきましょう。

そうすることで、検索エンジンは「コンテンツマーケティング」に関するトピックが含まれた記事と認識してくれるようになり、検索順位にも影響を与えます。

SuggestNavi

SuggestNaviで関連キーワードを調べてみた(使用レポート)で以前紹介したツールでも、LSIキーワードを無料で調べることが可能です。

サチコミエルカ

サチコミエルカは前回紹介したFaber Companyが提供しているキーワードツールです。かなりの高機能なので、有料で高機能を求めている方にはオススメのツールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です