SEOで確認しておきたいKPIとは?

自然検索のセッション数

SEOを行う大きな目的の1つが、自然検索経由の流入数を増やすことです

自然検索は、GoogleやYahooなどの検索エンジン経由からの流入のことです。

キーワードランキング

自然検索に関わる大事なKPIが、キーワードのランキングです。

自然検索では、いかに自社のサイトが検索エンジンで検索されるキーワードで、上位表示されるかが大事になってきます。

狙っているキーワードのランキングをKPIとして設定し、キーワードの順位とそれに伴う流入数の増加を確認していきましょう。

コンバージョン

サイト内にコンバージョンポイントを設定している場合は、コンバージョンをKPIとして設定しましょう。

ECサイトなら商品購入などがコンバージョンポイントとなります。それ以外のサイトでは、ホワイトペーパーのダウンロードや、会員登録などに設定してもいいです。

直帰率

直帰率とは、該当ページに訪れたユーザーが、ほかのページを閲覧せずに離脱した率を表します。

直帰率が高いページは、検索意図とページの内容が違っている可能性があり、それゆえ直帰率が高くなる原因かもしれません。

特に、自然検索経由でセッション数が多いページから並べて、それぞれの直帰率を確認することを始めてみましょう。

新規セッション率

新規セッション率は、サイト内に訪れたセッションの中で、新規の割合がどれぐらいあるかを教えてくれます。

新規顧客獲得を重視している方には、新規セッション率をKPIとして設定するのをオススメします。

ランディングページ

自然検索経由のランディングページを確認することで、どのページのキーワードが上位表示されていることや、流入数が高いページを発見できます。

特定のランディングページの流入数を増やしたい場合は、ランディングページをKPIとして設定してあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です