Webマーケティングを独学する方法 [現役Webマーケターが解説]

もりぞー

こんにちわ、Webマーケターのもりぞーです。

Webマーケティングを仕事に関わる時に、独学で勉強しようと思うと、どうやって効率的に勉強したらいいか迷いますよね?

先日僕はTwitterでこんなことをつぶやいてました。

 


今回紹介は、Webマーケターとして仕事をしてる僕が、どのように独学で知識をつけていったかをご紹介します。

有料講座で学ぶ

Webマーケティングを学ぶ時間を短縮したい方には、お金を払って学ぶことをオススメします。

特に時間がない社会人の型で、転職や昇給の為にWebマーケティングの知識をつけたい方にはおすすめです。

本で基礎知識を勉強する

まずは本でWebマーケティングの基礎知識を身につけることを僕はおすすめしてます。

本の中には正しい情報が載ってないものもあるので、以下の2つには注意して購入した方がいいです。

出版日が新しい本

著書が有名な広告代理店所属

Webマーケティングおすすめ本の記事で、Webマーケターの僕が役に立った本を厳選したので、ぜひ読んでみてください。

アフィリエイトサイトを自分で作る

Webマーケティングを独学でまなび、めちゃくちゃ力がつくのはアフィリエイトサイトを作ることです。

その理由を簡単に紹介させて頂きます。

集客力がつく(SEOやWeb広告の知識)

アフィリエイトサイトを作るには、まずwordpressを利用するのがおすすめ。

サイトを作成した後は、まずはSEOやWeb広告を利用して集客が必要です。

この集客経験を積むことで、Webマーケティングの実務的な経験を得れます。

関連記事: 初心者向けSEOの本まとめ

商品を売る力がつく(CVR改善)

アフィリエイトサイトを作ると、商品を売る必要があります。

それゆえ、商品をどのように売るかのストーリーやサイトのデザインも考えなくてはいけません。

Twitterで勉強する

Twitterには有益なWebマーケティングに関するツイートをしてくれる人がいるので、今回紹介する方達はぜひフォローしてみて下さい。

おおきさん

おおきさん(@ossan_mini)はSEOについての知見が半端ない方で、SEO対策の森というブログも運営されてます。

Twitterのつぶやきの内容が有料級なのでSEOやマーケティングに興味ある方は絶対にフォローをおすすめです。

アクセルさん

アクセルさん(@axcel0901)さんは寺子屋式アフィリエイトというコンサルやセミナーをやられている方です。

寺子屋SEOブログでは、無料でSEOのニッチな情報を発信されているので要チェックです。

Webサイトで勉強する

ferret

ferretは株式会社ベーシックが運営する、Webマーケターのためのオウンドメディアです。

SEOやWeb広告に関する情報だけではなく、SNS運用やアクセス解析など幅広い記事があるのが特徴です。

Liskul

Liskulは株式会社ソールドアウトが運営する、Web広告に特化したオウンドメディアです。

広告運用系のキーワードでは、多くのキーワードで上位表示されており、SEOの知識もあるのでしょう。

リスマガ

リスマガは広告代理店のリスティングプラスが運営するオウンドメディアです。リスティング広告の運用方法を中心に、Webマーケティングに関する記事を発信されてます。

Web広告の記事が多めなので、「広告運用においてもっとアイデアが欲しいな〜」と思ってる方に役立つ記事がありますよ。

海外のWebマーケィングブログで勉強する

Search Engine Land

Search Engine LandはSEO、SEM、SNSマーケティンなどのWebマーケティングについて幅広い最新情報を発信してくれるメディアです。

Googleのアルゴリズムの変更や影響に関してもすぐに記事を出してくれるので、日本語に訳される前に英語で理解できると、情報の取得スピードが格段に上がります。

Moz

Mozは被リンクやドメインオーソリティーという基準が分かるツールを提供している会社です。

Mozのブログには毎週最新のWebマーケティング情報(SEO関連が多い)が配信されるので、ブックマークなどに登録してチェックするのがオススメです。

まとめ

Webマーケティングについて独学で勉強する方法を紹介しました。

Webマーケターになりたいなー!と思ってる方は、Webマーケティングの仕事内容について把握しておきましょう。

また、僕なりにWebマーケティングの仕事に向いてる人についてもまとめたので、気になる方は読んでみてください。

そして実際の現場に飛び出してみるが一番おすすめです。もしあなたが大学生なら、インターンに是非行ってみて色々経験してきて欲しいなと思います。

関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です