SEOに文字数は関係するのか!?SEO業者に率直に聞いてみた結果は•••?

SEOに文字数

SEO対策始めた時、どのくらい文字数が必要なのだろう?と疑問に思ったことはないですか?

SEOコンサルを行なっている業者に聞いても、具体的な答えが返ってこないこの質問、答えって何なの?って思いますよね。

Webマーケターとして仕事をしてる僕の経験から、SEOに効果的な文字数の決め方の話をしていきますね。

文字数はあくまでSEOの構成要素の1つなので、文字数についての理解ができた後は、他の要素もしっかり勉強していきましょう。

必要な文字数はキーワードによって異なる

結論からいうと、SEO的に良いとされる文字数は、キーワード次第ということになります。

キーワードによって豊富な情報が求められるものは、文字数も多くなる傾向があります。

文字数の目安は3,000文字って本当?

文字数の目安は3,000文字というSEO業者もたくさんいますが、それって実際正しいのか疑ったことはありますか?

結論をお伝えしたように、キーワードによって必要な文字数は変わってきます。

つまり500文字とかで上位表示されているページなども実際はあるんです。

長文SEOは効果的なのか?

2017年は長文SEOと呼ばれる1つの記事に1万文字以上の長文を入れるSEOが大手のキュレーションメディアを筆頭に流行っていました。

2019年現在も長文SEOで上位表示されているコンテンツはありますが、この傾向は長く続かないと思ってます。

なぜなら、長文SEOはユーザーにとってあまりにも読まなければいけない文章量が多くなり、ユーザー体験が悪くなるからです。

今だに長文SEOを勧めてくるSEO業者もいますが、そんな業者に出会った時は注意していおいたほうがいいですね。

まとめ

SEOの文字数についてお話しましたが、キーワードによって必要な文字数が違うというのが結論でした。

まずはキーワードのリサーチをして、そのキーワードにどんな検索意図があるのかを調べましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です