直帰率が高くなる原因とは?

直帰率とは?

直帰率の定義は、ユーザーが閲覧開始したページから、同サイト内の他のページを見ないでサイトを離脱したセッションの割合です。

直帰率はGoogleのランキングファクターの1つとされており、ページによっては直帰率が低いことが良いとされてます。

直帰率が高くなる原因は?

ユーザーが探していた情報がサイトに含まれていなかった

直帰率が高くなる原因の1つが、ユーザーが探していた情報がそのページにないことが考えられます。

対策としては、検索キーワードとページの情報に関連性があるか確認しましょう。

広告やキャンペーンで集客したターゲットが間違っていた

リスティング広告やディスプレイ広告で集客したユーザーが、流入先のページでターゲットとしているユーザーと違った場合は直帰率が高くなります。

対策としては、リスティングやディスプレイ広告を出すときに、ターゲットユーザーを絞り込みましょう。

広告のコピーが、ランディングページの訴求と異なっていた

次のページに推移させる導線が不明確

ランディングページのUXが悪かった

ページの読み込み速度が遅かった

ディスプレイ広告の配信先サイトと関連性がなかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です