ディスプレイ広告とは?

ディスプレイ広告ってWeb広告をする中では必要なのは知っているけど、実際どんな種類の広告があって、広告出稿ってどうやってするのか悩んでいる方へ。

今回はディスプレイ広告について説明させて頂きます。

この記事を読んて欲しい人

  • 会社のWeb担当者になったが、Webマーケの知識がほとんどない方
  • ディスプレイ広告は見たことあるが、自分で出稿したことがない方
  • 代理店任せの運用になっていて、もう少し自分で意見を言えるようになりたい方

ディスプレイ広告とは?

GoogleやYahooと連携しているWebサイトの広告枠に表示される広告です。画像広告だけではなく、動画広告も表示させることが可能です。

広告を出す媒体(GoogleやYahooなど)によって、広告が掲載されるWebサイトが変わってきます。

ディスプレイ広告の特徴

  • 幅広い顧客層に対して配信が可能
  • ブランド認知やブランドロイヤリティを築ける
  • 顧客のエンゲージメント上昇
  • 配信サイトを選べる

ディスプレイ広告 種類

テキスト広告

テキスト広告とは、よく見かけるテキストだけの広告です。

設定をしやすいのが特長です。広告テキストには、見出し、URL、説明文が書かれていることが主流です。

表示オプション付きの広告

表示オプション付きの広告とは、テキスト広告に表示オプションが付いている広告のことです。

住所や電話番号などの表示オプションを追加することで、広告の情報を追加できるので、クリック率が高くなる傾向があります。

レスポンシブ広告

レスポンシブ広告とは、デバイスなどによってWebページの横幅がかわるときに、自動でマッチするようにしてくれる広告です。

ショッピング広告

ショッピング広告とは、製品情報や価格情報を表示した広告のことです。

データフィードなどを使用して製品登録をする必要があるので、最初の設定には少し時間がかかります。

Google Shoppingなどが有名なショッピング広告です。

画像広告

画像広告とは、画像で訴求を促す広告です。ディスプレイ広告は画像広告が一番多く出稿されています。

動画広告

動画広告とは、画像の代わりに短い動画が再生される広告です。

動画広告のクリック率は画像広告より高いというデータもあります。

電話訴求広告

電話広告とは、広告から直接電話をかけることが可能となる広告です。

スマホなどを利用しているユーザーには、電話をしやすくなる環境を作ることができます。

GDN

YDN

ディスプレイ広告のクリック率

ディスプレイ広告のCTR(クリック率)をぐんぐん改善する運用ノウハウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です