Google Shopping広告

Google Shopping広告とは?

Googleに掲載されている商品を簡単に見つけられるようにするための広告。

データフィード型広告

ショッピング広告の種類

商品ショッピング広告

商品ショッピング広告は、単品商品を宣伝する

ショーケース広告

AdWordsで関連商品をグループ化して作成します。

ショーケース広告は、複数の関連する商品を宣伝します。

Google Shopping広告のメリット

CPCがリスティングより低い

リスティングやディスプレイ広告よりも、CPCが低い傾向があります。

インプレッションが多い

ショッピング広告は、検索された時に複数表示される可能性があります。

検索語句と関連性が高いと判断された場合は、ショッピング広告とリスティング広告の2つが同時に表示される可能性もあります。

CTRの上昇

画像や価格、在庫情報などが同時に表示されるので、ECストアの製品のCTRはリスティングやディスプレイ広告よりも高くなる可能性があります。

購買意欲が高いユーザーに訴求できる

Google Shopping広告では、ユーザーがクリックする前に商品情報や画像が表示されるので、クリックするユーザーは購買意欲が高い傾向があります。

Google Shopping広告のデメリット

データフィードを作成する必要がある

データフィードと呼ばれる製品情報をまとめたデータを作成する必要があります。

CSVファイルで作成可能ですが、広告出港の最適化を行うには、データの調整作業が必要になってきます。

この作業は素人には難しいので、広告代理店に任せてよい分野です。

無駄クリックが増える可能性がある

Google Shopping広告は、リスティング広告と比較して、画像があることからクリックされやすい傾向があります。

そのため、製品に興味がないユーザーにもクリックされやすく、無駄な費用がかかる可能性もあります。

Google Shoppingへの広告出稿方法とは?

Google Merchant Centerに商品登録をする

Google Shopping広告で表示する商品情報は、Google Merchant Centerにデータをアップロードする必要があります。

Google AdWordsでのキャンペーン作成

Google Merchant Centerにデータを登録した後は、Google Adwordsで広告出稿の準備をします。

ここはリスティングやディスプレイ広告の出稿方法と類似しているので、詳細は省きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です