[書評] 人を操る禁断の文章術

現役Webマーケターのもりぞー(@masashihaya)です。

セールスライティングを学ぶ上で、必ず買っておいた方が良い本の1つが人を操る禁断の文章術です。

この本に載っていることを実践できると、ほんまに人を文章で誘導できるやん!と思える実践的な例が載ってます。

本の概略

メンタリストDaigoさんの著書で、コピーライティングやセールスライティングが学べる本です。

アフィリエイターの多くの人からも評判が良い本で、僕も実際に読んですぐアフィリエイトサイトに使えるテクニックが載ってました。

どんな人におすすめの本か?

セールスライティングを学びたい人

アフィリエイトで稼ぎたい人

言葉で人を思いのままに誘導したい人

文章の目的

文章のたった 1つの目的 、それは 「今すぐ人を行動させること 」

当たり前のことやけど、自分で書いてる時は全く意識できてないなーと思った点。

もっと一文の重みを理解して、その意味を考える必要がある。

誰が誰に対してどのようにしてほしいのか?

を文章で伝えれるように工夫していく。

情報を少なくして、想像力を駆り立てる方法

人は 、受け取った情報が足りないときは想像や予測で判断する習性があります 。

全てのことを文章で伝えようとしてしまうが、あえて情報を絞ることで、相手の想像力を利用する方法。

特定の年代だけに伝わる表現を用いて、その年代だけが共有しているイメージに訴える。

著者の紹介

メンタリストDaigoさんは、テレビの露出も多いので知ってる方がいるかもしれません。

メンタリストだけではなく、読書家、執筆家、Youtuberなど多彩な才能を持って、行動されてる人です。

本を選んだ理由

セールスライティングの勉強をしてるときに、Twitterでアフィリエイトターの方が紹介してたのがきっかけで購入。

めちゃくちゃ本を出版している著者なので、クオリティはそんな高くないと最初は思ってました。

しかし、読み始めるとメンタリストに操られたように、文章に納得性があったんです。

まとめ

人を操る禁断の文章術以外にも参考になるセールスライティングの本を下記の記事でまとめてあります。

セールスライティングに興味がある方は、もっと勉強してみるのもありだと思います。

関連記事:セールスライティングおすすめ本 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です