リスティング広告のキーワードの選び方とは?

リスティング広告 キーワード

リスティング広告を初めてやるときに、「キーワードってどんな基準で選んだらいいだろう・・・」と悩んだことはありませんか?

リスティング広告の効果を上げるには、このキーワード選びは特に大事なことです。広告のお金を無駄にしないためにも、ぜひ今回紹介するキーワード選びの方法を知っておいてください。

こんな人におすすめ

  • インハウス担当でリスティングを出稿することになった人
  • リスティング広告のキーワードの選び方が分からない人
  • これからリスティング広告を始めたい人

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、クリック課金型のWeb広告で、検索連動型広告と呼ばれてるものです。

検索連動型広告とは、検索エンジンでユーザーがキーワードを入力した時に、そのキーワードを検索者の意図として、その意図に関連した広告を表示する仕組みです。

リスティング広告のキーワードの選び方

検索ボリュームを調べる

Googleのキーワードプラナーなどを利用して、リスティング広告で出稿するキーワードボリュームを調べましょう。

キーワードのマッチタイプ

リスティング広告ではキーワードのマッチタイプを選ぶことができます。

部分一致

メリット: 幅広いキーワードでの出稿が可能。予想外のキーワードを発見する部分一致は出稿キーワードの類義語や関連性のあるトピックに関して表示されるマッチタイプです。

デメリット: 意図してないキーワードで広告がクリックされる可能性があり、無駄な費用が発生しやすい。

無駄クリックを防ぐためには、除外キーワードの設定が必要です。

この除外キーワードの設定をきちんとやってない会社も多いので、一度確認してみましょう。

絞り込み部分一致

絞り込み部分一致は慣れていないと分かりにくいマッチタイプですが、フレーズ一致以上,部分一致未満というイメージです。

設定方法は、部分一致で設定したキーワードの前に+をつけます。

メリット:

デメリット:

フレーズ一致

出稿しているキーワードを含み、前後が一致しているものです。

完全一致

出稿したキーワードと検索クエリ(ユーザーが検索に使用したキーワード)が語順、スペースとも完全に一致した場合表示される。

キーワード選定の方法

キーワードの要素でグループピングする

ビッグワードを狙う主軸となるキーワードを選定し、それと掛け合わせせる軸となるキーワードを決めていくのがオススメです。主軸キーワード掛け合わせキーワード

リスティング広告のPDCAのまわしかた

リスティング広告は、運用型広告と呼ばれているだけに、運用しながら改善をしていく必要があります。

そんなリスティング広告のPDCAのまわしかたを紹介します。

検索クエリの調査

キーワードマッチタイプで、部分一致や絞り込み部分一致で広告出稿していると、意外なキーワードの組み合わせで流入が発生することがあります。

そんなキーワードを検索クエリから定期的に確認しておくことが重要です。

除外キーワードの設定

キーワードツール

Googleキーワードプランナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です