マーケィングに必要なスキルや能力とは?

マーケティング

Webマーケターのもりぞーです。

マーケティングに必要なスキルや能力って何だろう?とマーケィングの仕事をしていて思ったので、なにが必要か書き出してみることにしました。

これからマーケティングの業務に関わる方の参考になれば嬉しいなと思ってます。

分析能力

マーケティングの担当者になれば、「分析能力」は必須の能力です。

Webマーケティングはデータを取得する事が容易なので、あらゆる施策をする上で、その結果分析をデータに基づいて行う必要があります。

Google AnalyticsやHeatmap toolなどを使用して、Webサイトのどこを改善すれば売り上げが伸びるかなどを分析できるスキルも必要です。

仮説力

分析をして問題を見つけた後は、どうすればその問題を解決できるかを仮説する能力が必要になります。

優れたマーケティング担当者は、1つの問題に対して常に複数の仮説を持っておける人物です。

仮説の数が多いほど、問題を解決する方法が増えるため、問題の解決率が高くなっていきます。

提案力

仮説が出来れば、それを上司やクライアントに提案する「提案力」が必要です。

なぜその問題から仮説を導き出して、どのような結果を出そうとしているかをうまく伝える事が大事です。

プロトタイプ能力

プロトタイプ能力とは僕が勝手に名付けた名前ですが、完璧な案が出来るまで待たずに、プロトタイプ段階で仮説の実行を行っていく事です。

リーンスタートアップの考えと同じですが、プロトタイプでPDCAをまわしていける能力がマーケティング担当者には必須となります。

新しい物に興味を持つ能力

毎月・毎年新しいマーケティングツールが発表されています。そのすべてのツールが役立つとは限らないですが、テクノロジーのおかげで今まで相当な工数がかかっていた作業が、一瞬で終わる可能性があります。

そのような新しいツールや考えに対して、自分でアンテナを張って情報取集をしていく能力が必須です。

まとめ

僕がWebマーケターとして思いつく、マーケティングに必須なスキルや能力を紹介しました。

他にも大切なものがあるかもしれませんが、その時はぜひ教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です