[初心者必見]Ruby on Railsの「MVC」とは?

Ruby on Rails MVC

Ruby on Railsを学び始めると、「MVC」という概念を勉強していくことになります。

プログラミング初心者の方は、まずこの「MVC」の概念を理解するのに少し時間がかかってしまうでしょう。

僕もプログラミング初心者だったので、最初は「MVC」で結構つまづきました。しかし、MVCはRuby on Railsを活用するのに必須な概念なので、きちんと基礎を理解することが大切です。

今回は、30代でRuby on Railsを勉強し始めた僕が、自分の勉強してきた内容も含めて、「MVC」について説明していきます。

Ruby on Railsってどんなことができるの?って疑問に思ってる方は、下記の記事など参考にしてみてください。

Ruby on Railsを学んで出来ることってどんな事? 

僕がオススメのRuby on Railsが学べるプログラミングスクール

MVCとは?

Ruby on Railsを学び始めると必ず、MVCという概念が出てきます。

初心者のあなたは、MVCって上手く理解できていますか?

僕も最初はMVCの理解が曖昧で、今どのページのコードを書いてるか把握出来てませんでした。

MVCの概念を理解すれば、簡単なアプリケーションを作成出来るようになれるので、頑張って勉強していきましょう。

Model

MVCのMはModel モデルのことです。

Modelの役割は、データベースとのやり取りとまずは覚えておきましょう。

Railsでユーザー登録機能やログイン機能をアプリケーションに付け加えたい場合、データベースの作成が必要です。

データベースにはSQL言語の知識も必要なので、別途勉強していくことが必要です。

View

MVCのVはViewビューのことです。

Viewの役割は、htmlでブラウザにページを表示することです。

Rubyはそのままではhtmlと一緒に表示することはできません。

Ruby on Railsでは、ERB(Embeded Ruby)という方法でRubyのコードを書いていきます。

Controller

MVCのCはControllerコントローラーです。

Controllerの役割は、ユーザーがブラウザでリクエストしたものを受け取り、コントローラーでどのページを表示するかを指定して、Viewのページをブラウザに表示させます。

Routingの設定→Cintrillerの設定→Viewの設定という流れを覚えておくといいですね。

初心者にとっては、Controllerの使い方がまず難しいと思うので、しっかり勉強することが必要なポイントです。

MVCはRuby on Rails以外にも活用できる?

今はRuby on Railsを学んでいると思いますが、将来的にはPHPなどの他の言語も学びたいと思ってませんか?

MVCは他のフレームワークにも利用されているので、他の言語でも応用がききますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です