Ruby on Railsを学んで出来ることってどんな事?

Ruby on Rails できること

Ruby on Railsを30代から学び始めた僕ですが、最初はRuby on Railsで何が出来るのか全く分かりませんでした。

Ruby on Railsを今から学び始める方は、自分が作りたいものが作りやすいかどうかを、ぜひ考えてから学び始めて下さい。

僕がオススメのRuby on Railsが学べるプログラミングスクール

Webサイトの開発

Ruby on Railsを学ぶと、Webサイトの開発他の言語よりも早く、簡単に作ることができます。

Rubyの言語は、他のプログラミング言語よりも記述が簡単なので、初心者向けと言えます。

Gemと呼ばれるソフトウェアのパッケージが用意されているので、gemを利用すると必要な機能をすぐ実装することが出来ます。

スクレイピング

スクレイピングとは、webサイトから必要な情報を抽出する技術です。

Pythonという言語でのスクレイピングが有名ですが、Rubyでも可能です。

スクレイピングは対象サイトが許可していない場合、不正アクセス防止法に違反する場合もあるので、利用には注意が必要です。

API開発

APIとは、アプリケーションプログラミングインターフェイスの略称で、簡単にいうとソフトウェアの共有です。

APIはイメージしづらいのて、例えをご紹介します。

銀行各社は独自ののシステムを開発しており、それをAPIとして一部他の会社と共有しています。

家計簿ソフトなどで、銀行口座の情報がリアルタイムで更新できるのは、APIの技術のおかげです。

Rubyが苦手なこと

機械学習

RubyやRuby on Railsでも機会学習の分野のアプリケーションを作成することは可能です。

しかし、Pythonと比較するとフレームワークが少ないというデメリットがあるため、現状ではあまりオススメできません。

Ruby on Railsで開発されたサービス

Ruby on Railsを利用して開発されたサービスにはどんなものがあるのでしょうか?

今回は有名なWebサービスをご紹介致します。

クックパッド

レシピサイトで有名なクックパッドもRuby on Railsを使って開発されてます。

クラウドワークス

クラウドソーシングサービスを提供しているクラウドワークスも、Ruby on Railsで作られてます。

Airbnb

民泊サービスを提供するアメリカのAirbnbもなんです。

まとめ

僕は30歳を超えてから、プログラミング経験なしでRuby on Railsを学び始めました。

その時行なっていた勉強方法をまとめたので、初心者の方は参考にしてみて下さい。

Ruby on Rails初心者向け勉強の流れ

ある程度勉強が進むと、Ruby on RailsのMVCという概念などが分かるようになって、何ができるかが理解できてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です