USP(Unique Selling Proposition)とは何か?

USPとは?

USPとは、日本語では自社の強みという意味でよく使用されます。しかし、もう少し突き詰めると、自社が顧客に対して自信を持ってできる約束という事になるでしょう。

USPとして考えられる項目

価格

価格競争力があるというのは、非常に大きなUSPになります。

独自性

自社のオリジナルサービスや商品がある場合も、独自性があるというUSPになります。

早さ

時間は皆平等に与えられているからこそ、重要な項目です。

自社サービスで顧客の時間を奪っていると考えたときに、如何にサービス提供時間を早く出来るかどうか、その早さがUSPとなり得ます。

USPの必要性

USPを作る必要性とは何なのでしょう?

USPが必要になってくるのは、競合との戦いが激化し、差別化が難しくなってきた時です。

現代の製品やサービスはコモディティ化してきたと言われており、全く新しい製品やサービスはなかなか出てきません。

そういう中で生き残っていくためには、自社が他社よりも顧客に満足を与えられるサービスや商品は何かをしっかり考えないとダメです。

USPの事例

ドミノピザ

USPの事例としてよく使用されるのが、ピザの宅配サービスを提供しているドミノピザです。

熱々のピザを30分以内でお届けします!それ以上遅くなると、ピザは無料にさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です