30代未経験からWebマーケティング職に転職した方法 [徹底解説]

僕は30歳になってから未経験でWebマーケティングの仕事につきました。

「Webマーケティングの仕事に興味はあるけど、年代がな〜・・・・」と思ってる30代のあなた。

30代からでもWebマーケターに転職は可能です!(僕ができたから間違いないです!)

今回はどのように僕が未経験でWebマーケティングの仕事をすることができたのかを、転職活動なども含めて紹介していきます。

まずは独学でWebマーケティングの基礎知識を身につけ

30代からの転職となるとポテンシャル採用はほぼないので、未経験でも何ができるかを示さなきゃいけません。

そのため、まずはWebマーケティングの知識について相当勉強しました。

独学でもある程度は学べますが、すぐに転職を考えている人は集中的に学べるスクールに通いましょう。

お金を払って時間を買うおすすめのWebマーケティングスクール

まずは独学で学びたい人はWebマーケティングを独学の勉強方法 [実践的]

Webマーケティングおすすめ本で紹介している本も読み込みました。

30代未経験でもWebマーケティングの求人があった転職サイト

30代未経験となると、転職市場では思い通りに転職できる機会が減ります。

特に大手の転職サイトで30代未経験の求人を見つけるのは大変でした。

そんな中、僕が最終的に転職できたサイトが、【ウォンテッドリー】というサービスです。

【ウォンテッドリー】はWebマーケティング会社のインターンや転職情報などが豊富に載っていて、しかも未経験OKな求人がかなり多いのが特徴です。

未経験での面接のポイント

未経験でもWebマーケターになるなら、面接への準備が非常に大事。

僕が実際にどうやって面接をクリアしていったかを紹介していきます。

面接を受ける会社のWebサイトを分析

未経験だからこそ、面接こそが自分をアピールできる最大のチャンスです。

入社希望の会社が運用しているサイトを分析して、自分なりに何が問題なのかを考えましょう。

ポイントは経営者目線で考えることです。

サイト解析結果の資料を作成

サイト解析で得た問題点を資料にまとめましょう。

面接に資料って勝手に持っていっていいの?と思う方は、面接の合格率を下げてる可能性がありますよ。

気持ちはWebコンサルタント

面接の時は自信をもって、まるで自分がWebコンサルタントのように振る舞いましょう。

自信があるということは良いことです。僕は自信満々で自分が考えたサイトの改善点をしっかり伝えました。

自分は何で売上貢献できるかを説明

Webマーケターは売上に直接関わる施策を行うので、売上責任があります。

自分が会社に入ると、どんな分野で売上貢献できるかを伝えましょう。

その際には、Webマーケティングの仕事内容について理解してると、説得力が違ってきます。

Webマーケティングの仕事内容

Webマーケティングの仕事内容は多岐に渡ります。理想な専門分野を持ちながら、幅広く業務ができるようになることですが、未経験の場合はまずは自分が得意な領域を作ることが大切です。

それでは、どのような仕事内容があるのかを簡単にみていきましょう。

アクセス解析

Google Analyticsなどの解析ツールを用いて、Webサイトの解析を行います。

関連記事:Webマーケティングツール 

SEO対策

Webマーケターの仕事内容として多いのがSEO対策です。

最近は小手先のSEO対策が通じなくなったので、きちんとサイト設計を行い、良いコンテンツを作りながら、リンクも獲得して行く必要があります。

Webマーケティングの仕事内容については、下記の記事でもっと詳しく紹介してるのできになる方は読んでみてください。

関連記事:Webマーケティングの仕事内容

まとめ

Webマーケティング職に就職や転職を考えている人は、現役のWebマーケターのもりぞー(@masashihaya)が下記のトピックについて自分の経験や意見をまとめてみたので、ぜひ読んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です