PPC広告とは?

Web広告を始めようと思った時に、PPC広告という名前を聞いたことがありませんか?

今回はPPC広告とは何かと、どのようにPPC広告の設定を行うのかを説明します。

PPC広告とは?

検索連動型広告

ディスプレイ広告

PPC広告課金の仕組み

PPC広告は、クリックされる毎に課金される仕組みです。クリック単価は広告のジャンルによって違ってきます。

インプレッションでは課金されない。

PPC広告のメリット

直帰率がディスプレイ広告よりも低くなる

ディスプレイ広告は様々なところで画像広告が表示される仕組みですが、PPC広告はユーザーが検索したキーワードをもとに表示される仕組みです。

それゆえ、ユーザーの意図にあったサイトやページに誘導しやすく、直帰率がディスプレイ広告で流入した時よりも低い傾向があります。

PPC広告のデメリット

検索広告とディスプレイ広告の違い

検索広告

高めのコンバージョンレート

自分で検索キーワードを入力して情報を探しているユーザーなので購買意欲が高く、比較的高いコンバージョンレートとな流。

低めの直帰率

検索キーワードの情報をユーザーは求めているので、その情報があるページを見つけた場合、直帰率は低くなる傾向があります。

CPCが高い

検索広告のCPCはディスプレイ広告よりも高くなる傾向があります。

ディスプレイ広告

低めのコンバージョンレート

ディスプレイ広告は、何か検索をして情報を探しているユーザーに表示される訳ではないので、購買意欲が低い傾向があります。それゆえ、コンバージョンレートは低くなります。

高めの直帰率

様々な人に表示される広告なので、仮に広告がクリックされても、そのユーザーが興味あるWebページかどうかの確率は低いので、直帰率が高くなる傾向があります。

低いCPC

ディスプレイ広告のCPCは、検索広告よりもCPCが低い傾向があります。

リマーケティングとは?

リマーケティング広告とは、一度Webサイトに訪れたユーザーに対して、そのユーザーの興味がある内容を表示させる広告です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です