リスティング広告の費用ってどれぐらいが適正価格なのか?

リスティング広告を出稿しようと思った時、費用ってどんなぐらい高くなるのか不安ですよね?

そんな不安をインハウスで広告運用をしている僕が、正直どんなぐらいが適正価格なのかを説明していきます。

リスティング広告の価格の決まり方

リスティング広告はクリック課金方式という、一度クリックされると費用が発生する仕組みとなってます。

クリック単価は広告の内容によって変わってきます。安いもので何10円から、高いもので何千円とかなり違ってきます。

クリック単価の調べ方は、Google広告の推奨入札単価で目安を調べることができます。

リスティング費用の目安

予算から考える

会社で働いていると、必ず予算というものが決まってるはずです。

リスティング広告にも予算が設定されているので、それを目安に考えるのが一番簡単です。

ポイントは、その予算で、どのくらいのリターンが出るのかを把握しておくことです。

CPAから考える

CPA cost per acquisitionは獲得単価と呼ばれ、顧客1人を獲得するのにかかる単価を表します。

例えば、10万円の広告予算をかけて、10人の顧客を得れた時、CPAは1万円となります。

CPAが算出できれば、その商品の粗利が1万5千円なら、5千円の利益となります。

しかし、粗利が8千円の場合は、2千円の赤字となります。

このCPAを考えながら、広告費をどれだけ出せるかを考えていく方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です